ステムリムは大幅反発で上昇トレンドを維持 そーせいGはGLP-1作動薬「PF-07081532」の評価が見直され買いが集まる

CATEGORY

 1 創薬企業の相場概況

本日の創薬平均株価は大幅に2日続伸となりました。

加えて、創薬株28銘柄中25銘柄が値を上げ、売買代金も100億円を突破するなど、内容の伴った上昇となりました。

個別ではここ2日間で大きく売り込まれたステムリムに対する買いが集まり、前日比11.7%高と大きく反発して取引を終えています。

また、ステムリムは本日中に年初来高値を更新し、高い強度での上昇トレンドが続いています。

何度か言及したとおり、ステムリムは再生医療関連銘柄の筆頭として位置づけられ、加えて、9月22日には塩野義製薬社が開催予定のR&D Day 2022において、レダセムチドの新たな知見が発表される可能性があります。

そして、テクニカル指標(MACD・DMI)は継続して良好であるため、同材料に向けての上昇期待は続きそうです。

大型株ではそーせいグループ(そーせいG)が6.4%と急騰しました。

9月7日(米国)には「Citi’s 17th Annual BioPharma Brokers Conference」へ参加したPfizer社のMikael氏が、そーせいGとの共同開発品であるGLP-1作動薬「PF-07081532」について言及し、糖尿病の治療薬市場が注射剤中心となっており、経口剤であるPF-07081532の潜在価値の高さを提示しました。

▼PF-07081532に関する記事

そーせい|GLP-1作動薬「PF-07081532」と既存薬「Rybelsus」の有効性比較
そーせい|GLP-1作動薬「PF-07081532」と既存薬「Rybelsus」の有効性比較
そーせいグループ(そーせい)とPfizer社は、2015年に複数の治療領域における最大10種のGPCR標的に関…
https://biotech-report.info/archives/3540

さらに、PF-07081532によるNASHへの適応拡大についても示唆しており、Pfizer社による同剤への期待の高さが伺えます。

また、本日は取引時間中に日本経済新聞社「そーせいグループ、最終黒字続く」が掲載されるなど、もともと自力のあったそーせいGですが、上記背景もあり、非常に注目を集めています。



 2 創薬企業のIR更新情報(前営業日)

【カイオム・バイオサイエンス】

Tribody™を用いた新規がん免疫療法薬創製に関する論文掲載のお知らせ

【ファンペップ】

機能性ペプチド「SR-0379」の第Ⅲ相臨床試験における最終観察日終了のお知らせ

 3 創薬株価指数と主要株価指数

創薬株価指数 終値 前日比(%)
創薬平均株価 576円 +22円(+4.02%)
BR平均株価【大型株】 1,688円 +61円(+3.77%)
BR平均株価【低分子】 689円 +28円(+4.20%)
BR平均株価【低分子(大型株除く)】 326円 +8円(+2.46%)
BR平均株価【ペプチド・タンパク】 608円 +14円(+2.44%)
BR平均株価【ペプチド・タンパク(大型株除く)】 77円 +2円(+2.41%)
BR平均株価【抗体・アプタマー】 226円 +1円(+0.58%)
BR平均株価【再生医療[細胞・増殖因子]】 852円 +56円(+7.10%)
BR平均株価【遺伝子】 298円 +11円(+3.79%)
主要株価指数 終値 前日比(%)
TOPIX33[医薬品] 3,356円 +31円(+0.93%)
NBI* 4,044ドル +127ドル(+3.24%)
日経平均株価 28,215円 +149円(+0.53%)
NASDAQ 11,862ドル +70ドル(+0.60%)

*NBI:NASDAQ Biotechnology Index

 4 創薬株価指数とテクニカル指標





創薬平均株価:ジーエヌアイグループ、アンジェス、オンコセラピー・サイエンス、そーせいグループ、ナノキャリア、カルナバイオサイエンス、キャンバス、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所、ラクオリア創薬、シンバイオ製薬、カイオム・バイオサイエンス、キッズウェル・バイオ、ペプチドリーム、オンコリスバイオファーマ、リボミック、サンバイオ、ヘリオス、ブライトパス・バイオ、窪田製薬ホールディングス、ソレイジア・ファーマ、Delta−Fly Pharma、ステムリム、メディシノバ、ファンペップ、ペルセウスプロテオミクス、モダリス、クリングルファーマ、レナサイエンス

BR平均株価【大型株】:ジーエヌアイグループ、そーせいグループ、ペプチドリーム

BBR平均株価【低分子】:ジーエヌアイグループ、そーせいグループ、カルナバイオサイエンス、キャンバス、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所、ラクオリア創薬、シンバイオ製薬、窪田製薬ホールディングス、ソレイジア・ファーマ、デルタフライファーマ、メディシノバ、レナサイエンス

BBR平均株価【低分子(大型株除く)】:カルナバイオサイエンス、キャンバス、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所、ラクオリア創薬、シンバイオ製薬、窪田製薬ホールディングス、ソレイジア・ファーマ、デルタフライファーマ、メディシノバ、レナサイエンス

BR平均株価【ペプチド・タンパク】:オンコセラピー・サイエンス、ペプチドリーム、ブライトパス・バイオ、ファンペップ

BR平均株価【ペプチド・タンパク(大型株除く)】:オンコセラピー・サイエンス、ブライトパス・バイオ、ファンペップ



BR平均株価【抗体・アプタマー】:カイオム・バイオサイエンス、キッズウェル・バイオ、リボミック、ペルセウスプロテオミクス

BR平均株価【再生医療[細胞・増殖因子]】:サンバイオ、ヘリオス、ステムリム、クリングルファーマ

BR平均株価【遺伝子】:アンジェス、ナノキャリア、オンコリスバイオファーマ、モダリス

 4 創薬企業の相場のまとめ




全体
値上がり銘柄数 25銘柄
値下がり銘柄数 2銘柄
変わらず 1銘柄
出来高 2,098万株
売買代金 132億円
時価総額 8,133億円
個別銘柄 終値 前日比(%)
ジーエヌアイグループ 1,504円 +40円(+2.7%)
アンジェス 292円 +15円(+5.4%)
オンコセラピー・サイエンス 65円 +2円(+3.2%)
そーせいグループ 1,807円 +108円(+6.4%)
ナノキャリア 204円 +1円(+0.5%)
カルナバイオサイエンス 923円 +13円(+1.4%)
キャンバス 597円 +29円(+5.1%)
デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 238円 -2円(-0.8%)
ラクオリア創薬 1,144円 +51円(+4.7%)
シンバイオ製薬 723円 +12円(+1.7%)
カイオム・バイオサイエンス 165円 -1円(-0.6%)
キッズウェル・バイオ 266円 +3円(+1.1%)
ペプチドリーム 1,681円 +40円(+2.4%)
オンコリスバイオファーマ 536円 +16円(+3.1%)
リボミック 197円 +2円(+1.0%)
サンバイオ 1,146円 +45円(+4.1%)
ヘリオス 313円 +5円(+1.6%)
ブライトパス・バイオ 75円 0円(0.0%)
窪田製薬ホールディングス 147円 +3円(+2.1%)
ソレイジア・ファーマ 59円 +2円(+3.5%)
Delta−Fly Pharma 1,054円 +25円(+2.4%)
ステムリム 1,125円 +118円(+11.7%)
メディシノバ 314円 +7円(+2.3%)
ファンペップ 207円 +5円(+2.5%)
ペルセウスプロテオミクス 405円 +3円(+0.7%)
モダリス 414円 +10円(+2.5%)
クリングルファーマ 470円 +10円(+2.2%)
レナサイエンス 355円 +1円(+0.3%)

 6 バイオテックレポート(BR:Biotech Report)からのお願い

当記事の内容がお気に召しましたら、皆様のフォロワーの方々へ共有して頂けると励みになります。

下部にあるシェアボタン(FacebookとTwitter)をクリックすることで簡単に当記事をシェア出来ますので、ご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。

創薬企業の重要事象の解説

















創薬企業の毎日の動き